パチンコ必勝ガイド
12/5号
!!本日発売!!


ヅラプロ森籐プレゼンツ
[メルメル必勝ガイド11.5]


●ついにMAX規制後、初の新機種として登場するのが、藤商事の『CR RAVE〜この世界こそが真実だ〜』と、高尾の『パチンコCRクィーンズブレイド2』です。両機種とも最大の特徴は、新内規に準じ大当り確率が320分の1を超えない確率となっている点です。今後、新たに認可を受ける新機種は同様に、初当りが従来のミドルスペックと呼ばれる程度の確率となります。つまり、簡単にいえばこれまでのようなMAXタイプは登場しないと考えてください。

●まずは『CR RAVE〜この世界こそが真実だ〜』のスペック詳細から詳解します。大当り確率は、通常時が319.6分の1(確変中は122.7分の1)、確変システムはV-STタイプとなっており、ヘソ入賞球でのST突入率は55%(電チュー入賞球では100%)、継続は170回転まででST連チャン率は約75.1%。通常大当り後は100回転までの時短に必ず突入することから、ST突入のハードルは従来のMAXタイプに比べアップしています。なお、大当り出玉に大きな特徴があり、ヘソ入賞球では確変・通常いずれも6Rで約700個ながら、電サポ入賞球では全て16R、約1870個と瞬発力が高い点にあります。

●続いて『パチンコCRクィーンズブレイド2』ですが、大当り確率は通常時が約319.6分の1(確変中は約76.2分の1)、確変システムはV-STで、ヘソ入賞球では50%突入(電チュー入賞球は100%)、継続は120回転まで、ST連チャン率は約80.0%です。同じく通常大当り後には100回転の時短に突入します。なお、大当り出玉はヘソ入賞球が12R確変(出玉約1440個)が10%、8R確変(出玉約960個)が30%、6R確変(出玉約720個)が10%、そして6R通常が50%です。一方、電チュー入賞球では16R確変(出玉約1920個)が70%、4R確変(出玉約480個)が30%と、比較的継続率を重視したタイプとなっています。さらに詳しい情報は、本日発売のパチンコ必勝ガイド最新号を参照してください。

●本日発売のパチンコ必勝ガイド12/5号は、MAXタイプ有終の美を飾る牙狼最新作『CR牙狼 魔戒ノ花』を巻頭より二部構成にて総力特集。実戦と演出詳解にて新生牙狼の真価に肉薄します。さらに、今後登場する最新機種情報から人気機種の攻略続報までを余すことなく完全網羅。お求めはお近くのコンビニ、または書店でどうぞ。

●冒頭で詳解した両機種は、今回のMAX規制下では先陣を切る新機種となります。前述のとおり、今後は従来のような大当り確率が400分の1に近いMAX機は不可となり、下限が320分の1、つまり319.x分の1となる機種が主流となります。個人的にはこれまでMAXタイプを敬遠していましたが、選択肢の幅が狭くなるという点においては、これは由々しき事態です。それに加え、11月からついに都内も等価交換が基本的に規制され、行く行くは全国に波及するといわれています。今後の動向について何か新たな動きがあれば、パチンコ必勝ガイド誌上で随時、ご報告させていただきますのでお見逃しなく。また、皆様のご意見なども募集しております。それでは次回のメルメル必勝ガイドまで、ごきげんようサヨウナラ〜☆


必勝ガイド投稿コーナー
→ お便り募集中 ←
メールで簡単投稿

(C)ガイドワークス
パチンコ必勝ガイド